トップページ

尾張北地区
地区の紹介
役員一覧
団紹介

ニュース

スケジュールカレンダー

ご意見・ご質問

ダウンロード

リンク
地区内一覧
地区外一覧

尾張北地区の紹介
尾張北地区とは?
 スカウト運動は世界200以上の国や地域で行われており、 日本でも公益財団法人ボーイスカウト日本連盟のもとに、47都道府県のすべてに連盟が組織されています。 日本ボーイスカウト愛知連盟では県内を21の地区に分割しており、その1つが尾張北地区です。

尾張北地区の沿革
 愛知連盟・旧尾張地区から西尾張(昭和40年4月)、尾張東(昭和48年2月)の両地区が分封後も、時代の流れもあって増加傾向が続き、 昭和55年10月1日に尾張南、尾張北に分封されたことで尾張北地区が誕生しました。
 現在、尾張北地区内には地域別に11の団が存在し、それぞれに個性や魅力あるプログラムが展開されています。

尾張北地区の加盟登録状況
  加盟登録団数 11ヶ団    
  加盟登録隊数 54ヶ隊    
  加盟登録員数 874人 2010年9月1日現在  

尾張北地区の風土
 尾張北地区は犬山市、江南市、岩倉市、北名古屋市、清須市、丹羽郡(扶桑町・大口町)、および西春日井郡(豊山町)の5市3町にわたり、南北に広がる地域です。
 特に北部地域は岐阜県と木曽川の清流を挟んで接し、緑濃い多くの丘陵に囲まれ、スカウティングの材料には事欠きません。 豊かな自然環境に恵まれた当地区の格好の訓練スペースです。